理由1-1.gif
作品事例集.gif 健康編3.gif プラン編.gif コーディネート編3.gif

プランへのこだわり

わがままHOUSEでは、お客様が10年後も、その先もずっと安心して楽しく暮らせる住まいをご提供するために、徹底した設計ポリシーを持っています。

 

お客様の夢や理想、ご要望をお聞きするのはモチロン当然。それを最大限形にする努力はしますが、実は夢や理想だけを追い求めると、逆に“住みにくい家”となる場合も残念ながらあるのです。せっかく家を建てたのに、住み心地が悪いなんてイヤですよね。 そうならないために、しっかりとライフスタイルつまり“生活”そのものにピッタリと合った間取りをご提供したいと考えているのです。

 

10年後も生きる活力をやしなう場であり

楽しさ、くつろぎ、開放感を感じられる家

そのために、自然素材を使い お洒落でモダンなデザインの家

                    それがわがままHOUSEです。

 

これまでにわがままHOUSEで建てられたお客様のケースを見ていただきながら、弊社の設計について、その秘密をご覧にいれましょう。

【プラン編】TOPへ

わがままHOUSEができるまで《家づくりSTEP》

【時が経っても色褪せない・ヴィンテージ感溢れる家 O様邸の家造り】


わがままHOUSEって実際にはどんな風にわがまま聞いてもらえるの?
本当に満足のいく家づくりができるの?
そんな疑問にお答えするべく、今回はO様の家づくりに完全密着。
夢が形になるまでの設計ストーリーをご紹介いたします。
これを読めば、わがままHOUSEの家づくりが分かる!!!
一体どんなストーリーだったのでしょうか・・・

 


STEP 1:聞き取り開始 

わがままHOUSEでは、まず聞き取りの第一段階として、
「あなたの想いを整理してみましょう」
「あなたの住まいづくりへの夢は?」
この2枚のシートに記入して頂くところから始まります。
1枚目の想いを整理する用紙には、ご夫婦別々に書いて頂きますので、今まで意外と知らなかった相手の想いやイメージ、好みを再認識するかもしれませんよ・・・?ここで夫婦間の想いに違いがあっても大丈夫!それを上手くすりあわせて、融合させていくのがプロの設計士の仕事です。

設1.gif

 

 

STEP 2:住まいづくりへの夢

次に、現在の住まいで不満に思われていることと、マイホームはどんな家にしたいかなどの夢を書き出していただきます。日常生活を振り返り、現在の住まいへの不満を認識し、マイホームではそれを解消することが住み心地の良い家づくりへの第一歩。重要なことですね。また、どんな家にしたいか?というのは、この段階では漠然としていてもOK!具体的なご要望やイメージがあれば、もちろん書いていただくとさらに◎。


ご予算やスペースの都合上、これら全てが叶えられるというものではありませんが、ご自身の中で、「これは絶対に譲れない」「これはあってもなくてもよいが、あると嬉しい」などの優先順位をつけながら考えて頂けると、その後の設計がスムーズに進みます。
まだ想いが漠然としている場合も、次のステップで設計士により細かな部分をひとつひとつ引き出していくことになりますのでご安心ください。

設2.gif
 

 

 

STEP 3:家づくりカルテ

さて、最初のステップにて家づくりへの漠然とした想いを改めて振り返っていただいたところで、次に各部屋について詳しくご要望とイメージをお聞きしていく作業に入ります。


これは、「家づくりカルテ」と呼ばれるアナタの家のカルテ。話し合いで詳細をお聞きしながら記入していき、ファーストプランのご提案材料を調えます。 この際、雑誌を何冊かお渡ししますので、その中に空間使いや雰囲気、色づかい等ご自身の好みのイメージに近い物がありましたら、付箋をして設計士にお伝え頂く作業も入ってきます。

設3.gif

 

 

STEP 4:聞き取り報告書

このようにして、作り上げた家づくりカルテと、示していただいたイメージ画像を元に、設計士が確認のため「聞き取り報告書」を作成致します。
それを見ながら、再度ひとつひとつ確認をしていくことになります。

 

設4.gif

 

STEP 5:雑誌でのすり合わせ

住宅雑誌等から、旦那様と奥様で好きな写真を選んでいただきます。なぜその写真を選ばれたのかお聞きすることもあります。これは、設計士がお客様の好みやイメージをより具体的に知るための作業です。

設3a.gif

 

 

STEP 6:ファーストプラン

最初の図面を描く前に、綿密な聞き取りをする。そこでどんな風に過ごしたいのか?というところまで掘り下げた聞き取りを元に、担当の設計士がファーストプランを練り上げてご提案致します。O様邸のファーストプランはどのようになったのでしょうか。

設7.gif

 

 

STEP 7:ことば領収書と打ち合わせ報告書

ファーストプランをたたき台にして、もっとこうしたい、こうした方が使いやすい、自分たちのライフスタイルにはこの形の方が合っている…などなど具体的なイメージを通して更なるご要望を出していただきます。


図面を実際に見てみてから「やっぱりこうした方がいいかな」と思う修正点や追加・変更点はいくつか出てくるもの。(この段階には個人差があり、1回目でほぼ決定する場合もあれば、何度も納得のいくまで話し合いを重ねていく場合もあります。)


プランが進んでいくにつれ、ファーストプラン→最終プランまでの図面においてはもちろんのこと、最終図面が決定した後も一緒に決めていかなければならないことは、山のようにあります。間取り、仕様、色…それら一つ一つに勘違いや聞き間違いが生じないよう、わがままHOUSEでは必ず話し合い毎に「ことば領収書」「打ち合わせ報告書」というものを作成しています。


これらは、口頭のやり取りだけで起こりがちな「言った、言わない」トラブルを回避するための重要な書類となります。家が完成した後でも、家づくりの軌跡を振り返ることができると、好評をいただいているサービス。この報告書により、間違いのない確実な仕事をお約束しています。

 

 

設5.jpg

 

設6a.gif

 

STEP 8:最終プラン

最初のご提案(ファーストプラン)から話し合いを重ね、納得のいくプランに仕上がるまでとことん煮詰めていきます。そうして出来上がった最終プランがコチラ☆
ご要望をしっかりと叶え、しかも見た目やデザイン性のみでなく「住み心地」まで考え抜かれた間取りと空間使いのプランが完成しました。 

 

設8.gif

 

 

 

STEP 9:3Dパース

最終図面が決定したら、それを立体的に見るとどのようになるか?ということを、より視覚的に分かりやすくイメージしていただけるよう、3Dパースというものをお作りいたします。この時点では、色や住宅設備仕様などは最終決定されていない場合もございますので、あくまでも参考映像(画像)となります。家の中の空間使いを立体的に見られるので安心ですね。 

 

設9.gif
 

STEP 10:着工〜完成へ

 

 

施工事例O.gif

 


このようにして、綿密な打ち合わせと間違いのないよう毎回書面での確認作業を繰り返し、世界にたった一つだけのお客様の間取りが完成するのです。
間取りが決まってからも、設備や仕様、色などの細かい部分に渡っての打ち合わせ作業が続いていきます。



大切なのは、とにかくとことん本音で語り合うこと!!!



それができずして、本当にいい間取りはできません。
見た目だけでなく、本当に住み心地のよい家にするには、お客様のライフスタイル(生活)にピッタリと合っていなければいけません。
生活のことを話す、ということはある意味プライベートをさらけ出していただくこと。


ご家族それぞれ、何時に起きて何時に帰宅し、家ではどこでどのように過ごすのか?
休日の過ごし方は?
趣味は?
子どもに対する教育方針は?
10年後はどうなっていると思う?



「何でそんなことまで話さなければならないの?」
と思われるような質問も、中にはあるかも知れません。しかし、そこまで信頼して本音で語っていただくことで、よりお客様にとって住み心地のよい、何年経っても快適で安心して暮らせる家となるのです。

 

わがままHOUSEの家づくりは、信頼関係をベースにしているのです。

【プラン編】TOPへ

〜わがままハウスの家づくりの進め方TOPへ〜