理由1-1.gif
作品事例集.gif 健康編3.gif プラン編.gif コーディネート編3.gif

シックハウスの恐ろしさ

シックハウス症候群の症状は、先にも述べたように入ったら目がチカチカする、くしゃみが止まらない、咳が出る、気分が悪くなるなど様々です。


さらには、現代病とも言われるアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患や、喘息などの重い症状を引き起こすこともあり、化学物質を長年にわたって吸い込むということは、つまり命の危険さえ伴うと言っても過言ではありません。


また、最近の研究で、微量の化学物質が脳の神経系へ影響を与え、微妙な脳のコントロールを乱す可能性があることがわかってきました。化学物質の影響は、「キレる」傾向の強い性格となって現れることもあるといいます。

 

しかも!赤ちゃんや小さい子供は、ハイハイをしたり、よちよち歩きで家の中を歩き回りますが、室内の化学物質(ホルムアルデヒドなど)の濃度が一番高いのは、床上80cmといわれているのです! それは、子供の目線ぐらいと同じ高さです。シックハウス2.gif


 

赤ちゃんが一番化学物質にさらされている。こんな恐ろしいことがあっていいのでしょうか?赤ちゃんや子どもは体が小さいですから、化学物質の影響をすぐに受けやすく、最初に体に異変が起きるといえるでしょう。


シックハウスに住んでいると、飼っていたペットが、突然死んでしまうということも、あるようです。命まで危ない!というのは、大げさなことではないのです。

 

ここまでのお話で、シックハウスとそこに住む恐ろしさ、おわかりいただけましたでしょうか?

 

シックハウスの原因となる新建材、ビニールクロス、塗料、木製合板フローリング、etc… わがままハウスでは、それらをできる限り排除するところから始めました!

【健康編】TOPへ